【DIY】BMW MINI R50のオイル交換時期インジケーターのリセット方法(画像付き!)

こんにちは、車のオイル交換は自分でやるファン(@one_quarter_)です。

ファン
ファン

BMWのMINIにはオイル交換時期を教えてくれるインジケーターがあるのをご存知でしょうか?

オイル交換をしたら、オイル交換時期を教えてくれるインジケーターもリセットする必要があります。

今回は、BMWのMINIのオイル交換時期インジケーターのリセット方法をご紹介します。

オイル交換のやり方

こちらでオイル交換のやり方をご紹介していますので、よろしければこちらもどうぞ。

オイルインジケーターとは

オイルインジケーターとは、エンジンをかける時にアクセサリー電源をONにした際に、トリップメータ(走行距離)にオイル交換時期を表示するものです。

具体的には、オイル交換してから25,000km走行するまでの残り距離が表示されます。

BMW MINIはロングライフの全合成油の使用を推奨(純正で使用)していますが、以下のどちらかが当てはまった時にオイル交換することを推奨されています。

オイル交換時期
  • 25,000km走行した時
  • 2年間経過した時

もちろん、乗り方や環境によっても変わってきますので、早めにオイル交換するに越したことはありません。

ファン
ファン

私は、3ヶ月に1回ぐらいはオイルレベルチェックと同時にオイルの色を見ています

感覚になってしまうのですが、汚れてきたら交換しようかなと思っています。

前回は、約2年が経過したところで約18,000kmでしたので、そこで交換しました。

オイルインジケーターのリセット方法

オイルインジケーターのリセットは簡単です。

トリップメーターボタンとアクセサリーオンを一定の手順で操作することでリセットすることができます。

1.トリップメーターボタンを押しながらアクセサリーオン(51Aが表示されるまで離さない)

最初は下のような表示になります。走行距離が出ている状態です。

次に下のようなテストモードになりますが、まだ指を離しません。

約5秒後に下のような「51A」が出ますので、51Aが出たら指を離します。

この時は、25,000kmまでの残り距離が表示されていますので、私は前回オイル交換してから17,550km走行したことになります。

2.一度指を離し、rStが表示されるまで再度長押しする

再度約5秒長押しすると、rSt(リセット)が表示されますので、それまで長押しします。

3.再度ボタンを押すと残り距離が25,000kmになって完了

再度、トリップメーターボタンを押すと残り距離の部分が25,000kmになります。

この時は長押しする必要はありませんでした。

他の方の記事では長押しするという記述もありましたが、私の場合、長押ししようとして押すと、すぐに25,000kmに変わりましたので、思わずすぐに離してしまいました(^^;)。

その後、キーを回して電源オフにしたら完了です。

再度、アクセサリーオンにして、残り距離が25,000kmとなっていたら正常にリセット完了です。

まとめ

今回はBMW MINI R50のオイルインジケーターのリセット方法をご紹介しました。

ご自分でオイル交換をされたら、簡単ですのでリセットして見てくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

オイル交換方法はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です